リフォームの施工方法を知って、インターネットで業者を見つけよう

住宅設備を整えて満足いく毎日を送る

歴史と未来

リフォームの歴史を探る

リフォームとはすでにある住宅が老築化したときに、買った状態のように戻すことを言います。 このリフォームは今から40年ほど前から始まったと言われていますが、当時はまだリフォームをする人は少なかったと言います。それは家が少なかったからでしょうか。いいえ、そうではありません。当時の人の価値観が「木造の家を修理するなら建て直したほうがいい」というものだったからです。この価値観が形成された理由は、木造住宅の寿命は30年ぐらいだと言われているといういわゆる木造住宅30年寿命説があったからです。実際は100年前の木造建築も割とたくさんありますので、30年では短すぎるぐらいですが、やがて30年という縛りから解放されたことと不況の影響でリフォームが増えていったのです。

今後の動向はどうなのか

では、今後のリフォームはどのように変化するでしょうか。まず、リフォームの数ですが、耐震建築物が増えて木造住宅の寿命も長くなってきました。また、長引く不況により新築を建てるよりもお金がかからないリフォームを選ぶ人は相変わらずたくさんいます。ただ、今までの方向性だと住宅の数と人口が減少する傾向を考えると、今後はこの業界の規模も縮小は逃れられないところです。 ですが、工夫次第でリフォームの数は増えていく可能性はあります。これからの時代はデザイン重視の時代になってきます。リフォームは元の状態に戻すことだから魅力が半減しているのです。それよりも元の状態に戻しながらデザインも優れている、かっこいい、かわいい、素敵などのイメージが出来上がれば、業界自体も活性化するのではないでしょうか。