リフォームの施工方法を知って、インターネットで業者を見つけよう

住宅設備を整えて満足いく毎日を送る

店舗に革命を

店舗リフォームについて注意するべきところ

普通、お店を持っている場合、そのお店を立ち上げた時の初期投資はかなりのものです。例えば飲食店の場合、フランチャイズは言うに及ばず個人営業のお店でも1000万円以上かかることは普通にあります。 それだけ投資しても10年以内に投資した分を回収できれば御の字と言えます。10年もすると、店舗リフォームを行う必要がありまたそこで高額のお金がかかるからです。 特に内装や水回り関係は痛みが激しくなります。また、10年もの間にそこで営業していてここはもっとこうしたほうが便利だったとか、設備の配置なども変更したいということはあるかもしれません。 そこで、店舗リフォームを行う場合には、ポイントを絞って確実に収益がアップすると見込めるところだけを実験的に行ってみましょう。

知っておくとよい情報とは

個人の店舗であればできるだけお店を開いた段階で設備投資を切り詰めるほうが後々の店舗リフォームをするのには有利になります。なぜなら設備をそろえることが一番負担がかかるといっても過言ではないからです。 初めてお店を開くときは、どうしても余計なことにお金を使ってしまいがちです。実際に購入した見たもののほとんど使わない設備もあると思います。そこで、初期投資の段階で10年後、20年後の店舗リフォームのことを考えて、できるだけお金がかからないように居抜きを利用するのがいいでしょう。居抜きとはそのテナントを使っていた同じ飲食店を営んでいた経営者がお店を畳むとき設備をそのまま残しておくことです。これをそのまま利用することが出来れば設備投資の3分の1ほどで済むため、後々のリフォームをする時に余裕がでてきます。